ななみ都市開発は老朽化した不動産のご相談にお答えします

老朽化したアパートをお持ちの方、売却できずに困っていませんか?そんなときはななみ都市開発に相談して解決しましょう。 - 老朽化したアパートは悩みの種になる?

更新情報

老朽化したアパートは悩みの種になる?

築年数の経った老朽化したアパートを持っている場合、不動産としての価値がないといわれてしまって、売却することができないという場合が多々あるようです。
ななみ都市開発では、老朽化したアパートにもしっかりと価値をつけて、買い取ってくれる業務を行っているので、行き場のない老朽化したアパートを持っている場合は相談してみてはいかがでしょうか。
親から不動産を相続する時にも覚えておくといい老朽化したアパートを持っている人の悩みについて紹介していきたいと思います。

老朽化したアパートは悩みの種になる

jtdjydt
店舗付き住宅や住宅付き店舗を含めた老朽化したアパートを持っている場合、時間が経てばたつほどに悩みは増えていきます。賃貸不動産の場合は、メンテナンスをしっかりと行っていく必要がありますよね。最近は、自分の所有しているアパートのメンテナンスを自分で行うのではなく、業者に委託する場合が多く、所有しているアパートの老朽化の程度を知らずにいるということも少なくありません。メンテナンスについても必要最低限しか行っていない場合がほとんどです。
でも、賃貸不動産から、しっかりと収入を得たいと考える場合は、最低限度のメンテナンスではなく、最新の設備を整えた常に最高の状態である建物にしておく必要があります。建物が老朽化していくにつれて、耐震性や耐火性などの構造上の問題も出てきますよね。最近は厳しくチェックされて建物が建てられていますが、築年数の経っているアパートの場合は耐震性も耐火性も不十分であることの方が多く、それを十分なものにするためには工事も大がかりとなり、かなり費用がかかってしまます。
つまり、老朽化したアパートを、賃貸不動産として安定した収入を見込める状態にするためにはお金と時間と労力がかなりかかってしまうということになります。設備を整えるコストを考えてると、工事するよりも建て替える方が安く済む場合もありますが、どちらにしろ、たくさんのお金が必要になってくることには変わりありませんよね。内装や設備についても魅力を感じられる物件にしなければいけませんし、基本的な構造も安心出来るものにしなければいけないということで、賃貸不動産を所有するということは常に悩みの種になるのです。

老朽化したアパートの賃貸借契約は適当なものになっている

老朽化したアパートは、賃貸借契約始めたときは今よりずっと昔ということになりますよね。今古くなっているアパートが新築だった時に交わされた契約であるわけですから。昔は賃貸借契約書はとても適当で具体的な事は書かれいませんでした。入居者も、建物の所有者も、賃貸借契約書の内容をしっかり把握してお互いに了承しているということは少なかったようです。でも最近は、契約内容は賃貸借契約を結ぶうえでとても重要な意味を持つものになりました。
つまり老朽化したアパートの賃貸借契約は今の時代にそぐわない、適当な契約内容になってしまっている可能性が高いというわけです。そのため、賃貸借契約を見直して、契約書を書きあえる必要がありますが多くの場合、すでに入居している人との契約内容を見直すことは難しく、トラブルになる可能性が高いです。だから、アパートが老朽化して建て替えをしたいと思っても入居者の同意が得られず建て替えができないという場合も多くあります。
老朽化したアパートに入居者がいる場合は、建て替えを行うのはなかなか難しいことなのです。だから、入居者の入れ替えの時などに更新のない賃貸借契約に切り替え、契約を終了させて、明け渡しや建て替えができる環境を整えなければなりません。もちろん、建物の所有者だけで、賃貸借契約の切り替えなどを取り扱うのは難しいので、専門家に相談して、契約を管理してもらうのがおすすめです。

老朽化したアパートは相続すると大変

老朽したアパートすべてが相続すると大変というわけではありませんが、多くの場合、老朽化しているという時点で、何らかの問題を抱えています。維持管理がとてもしっかりしているという場合は、問題なく、相続後もアパート経営を続けることも可能かもしれませんが、ほとんどの場合、相続後にアパートを経営していくために多額のお金が必要になったり、様々なリスクを相続財産と一緒に背負うことになります。だから、相続する前に、その不動産を相続することでどんなリスクが生じるのかを専門家に相談しておくのが理想です。ななみ都市開発では老朽化したアパートの相続についても相談に乗ってくれるので、利用してみてくださいね。
親が残してくれた財産だからといって、簡単に相続してしまっては、後で自分の首を苦しめることになりかねません。アパート経営というのはただでさえ甘くありません。さらに老朽化しているということで、様々な問題が生じるのは目に見えていますよね。
老朽化したアパートを相続する時には、アパート経営も一緒に相続することになるということを覚えておきましょう。家賃という収入を得ることはできますが、そのためにはたくさんの苦労が必要になるでしょう。老朽化したアパートの経営はとても難しいので、自分一人ではどうにもなりません。専門家に相談したり、不動産として売却処分したりすることが必要です。

ななみ都市開発で老朽化したアパートを買い取ってくれる

ななみ都市開発では、悩みの種となる老朽化したアパートも買い取ってくれるので、相続して困っている人や相続税対策としても相談してみてくださいね。

不動産のご相談は、ななみ都市開発まで

会社名:株式会社ななみ都市開発
連絡先 TEL:03-5724-4773 / FAX:03-5724-4774
メールアドレス:info@nanami-773.co.jp
所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-3-9
ホームページURL http://nanami-773.co.jp

Copyright(C)2015ななみ都市開発は老朽化した不動産のご相談にお答えしますAll Rights Reserved.